読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mudaiの夏休み

国内、海外放浪記をつらつらと綴るチラ裏

旅に出る(藤沢〜大垣)

現在、豊橋から新快速に乗り大垣へ熱走中。

 

途中では名古屋でも降りない予定。というか、今更名古屋で降りてもやることが無い。

 

 

 

午前6時前、藤沢駅に到着。

みどりの窓口はまだ開いていない為、指定席券売機青春18きっぷを購入。

改札で駅員さんに切符を見せると「いってらっしゃい」と声を掛けて貰った。

 

f:id:kotaro0521:20160801082816j:image

 

6時08分発の沼津行普通列車に乗り込む。

 

f:id:kotaro0521:20160801083029j:image

 

8月ではあるが、お盆前後の休暇のピーク前なので早朝にもかかわらず人は多かった。

 

相模湾の見える途中の平塚鉄橋で上りのサンライズ瀬戸・出雲とすれ違った。

一瞬の出来事なので写真は撮れず。

 

6時42分、小田原へ到着。

なぜ小田原で降りるのかと言えば・・・

 

 

 

そう、ワープである。

 

 

 

実は小田原駅を7時04分に発車する[ひかり501号]は、小田原の次の停車駅が豊橋なのだ。

その時間、わずか54分。

普通に東海道線を乗り継げば、この区間は3時間以上はかかる。新幹線こだまでワープしても1時間半。

 

つまり、18きっぷ有数の難所である熱海-浜松(豊橋)の区間を快適に、しかも1時間かからずにワープ出来るのだ。

 

もちろん新幹線費用は痛いけれど、54分で豊橋まで行けるなら費用対効果は中々高いと思う。

今日は行けるところまで行ってしまう計画なので、あまり後悔はしていない。

 

f:id:kotaro0521:20160801084651j:image

 

そして、新幹線の中でちょっとヘビーな朝食。

おたのしみ弁当。

 

f:id:kotaro0521:20160801084726j:image

 

普通の幕の内弁当。

食べ終わる頃には静岡を通過して大井川を渡っていた。

その後掛川、浜松と通過し浜名湖を渡り、7時58分に豊橋へ到着。

 

f:id:kotaro0521:20160801085434j:image

 

ここで在来線へ乗り換え、8時18分発の特別快速大垣行きを待つ。

接続時間は余裕があったけれど、外を散策するほどの時間は無いのでトイレだけ済ませて早めにホームで列車を待つ。

学生時代に18きっぷで旅する時には散々豊橋で休憩しているので、もう良いかなというのもあった。

 

f:id:kotaro0521:20160801085851j:image

 

いつもと変わらないJR313系、転換クロスシートが並ぶ車内。

これが18きっぷの旅では非常に有難い存在。

 

 

列車はただいま名古屋市内。東海道新幹線との並走区間、大高駅(おおたかえき)でやや減速したN700系に追い抜かれた。

 

もうすぐ金山駅