読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mudaiの夏休み

国内、海外放浪記をつらつらと綴るチラ裏

旅に出る(松山市観光)

12時に松山市のホテルをチェックアウト。

天気が良ければ下灘駅リベンジを考えていたのだが、今日の松山は晴れ間は見えるけど曇りがかっていたので、市内を散策するすることに。

 

f:id:kotaro0521:20160804175352j:image

 

松山市電に乗って、JR松山駅前から伊予鉄道松山市駅前高島屋前)へ。

 

f:id:kotaro0521:20160804175607j:image

 

とりあえず腹ごしらえ。

 

f:id:kotaro0521:20160804175645j:image

 

これで1,080円は安いと思う。

天ぷらが特に美味しかった。

また市内に乗り込み、今度は大街道へ。

 

f:id:kotaro0521:20160804180651j:image

 

f:id:kotaro0521:20160804180755j:image

 

恐らく松山市のメインストリート(?)

セレクトショップやお洒落な店舗が立ち並ぶ。

アーケードを少し散策した後、今度は反対側へ。

松山城へのリフト/ロープウェイ乗り場を目指す。

 

f:id:kotaro0521:20160804180945j:image

 

緩やかな坂道を大街道駅から歩くこと約5分、リフト/ロープウェイ乗り場へ到着。

 今日の松山市は殺人的に暑く、汗がダラダラ止まらない。

 

ここでリフト/ロープウェイのきっぷを買う。

大人往復510円。リフトかロープウェイ、好きな方に乗れば良いらしい。

きっぷも共通で、もちろん値段も同じ。

 

リフトの利点は待ち時間が無いことと、1人で気軽に乗れることと空中散歩気分が味わえること。

デメリットは、高い所が駄目な人は少し怖いかもしれない。さほど高さは感じないしゆっくりだが、ベルトなどは無い。

 

ロープウェイの利点はリフトより少し到達時間が早いことだが、待ち時間を考えると多分リフトのほうが早い。

山頂までの所要時間はリフトが6分、ロープウェイが3分。

 

f:id:kotaro0521:20160804181830j:image

 

今回は往復ともリフトを選択。

1人でロープウェイ乗るのもちょっと勇気が必要だし、しばし空中散歩を楽しむ。

 

f:id:kotaro0521:20160804182037j:image

 

f:id:kotaro0521:20160804182104j:image

 

下は金網が張ってあるので、高さはさほど感じない。

 

f:id:kotaro0521:20160804182156j:image

 

隣をロープウェイが並走。

もちろんロープウェイのほうがスピードは早い。

 

そして山頂へ到着。

 

f:id:kotaro0521:20160804182258j:image

 

松山市内を一望できる高さ。

ここから更に坂を約10分ほど登ると松山城がある。

 

f:id:kotaro0521:20160804182457j:image

 

途中にはこんなものも。

 

f:id:kotaro0521:20160804182541j:image

 

今回は天守閣までは登らず。

結構いいお値段するので、外壁から眺めるだけ。

 

f:id:kotaro0521:20160804182635j:image

 

下り坂は5分ほどでリフト/ロープウェイ乗り場へ到着。

この高さでも今日の松山は灼熱地獄。うだるような暑さだった。

 

下りのリフト。

 

f:id:kotaro0521:20160804182923j:image

 

f:id:kotaro0521:20160804182953j:image

 

空中散歩気分を満喫し、また市電で松山市駅へ戻る。

この頃になると市電にも乗り慣れてきて、プチ地元民感覚だった。

 

f:id:kotaro0521:20160804183127j:image

 

f:id:kotaro0521:20160804183138j:image

 

とってもレトロ。

しかし、底床式の新型車両もある。

 

f:id:kotaro0521:20160804183229j:image

 

「宝物だ」と言ってくれた あなたが私の、タカラモノです。

 

 

 

今日は昨日までのハードな移動がウソのようにゆったり松山を満喫した。

ここからエアポートバスに乗り、松山空港へ。