読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mudaiの夏休み

国内、海外放浪記をつらつらと綴るチラ裏

旅に出る(準備編3)

繰り返しになるが今回は18きっぷの旅。

 

大部分は転換クロスシートボックスシート、静岡横断区間ロングシートである。

そして途中区間、いつ何時ワープを使うかは分からないし、その中には手荷物制限の厳しいLCCも含まれる。

 

つまり、荷物は最小限にまとめる必要がある。

 

ティッシュや着替え等を除いて、手荷物で1番悩みどころなのはガジェット系。

デジモノは意外と嵩張るものの、一人旅では心強い存在。しかし、ついつい要らない機器まで持ち歩いて、結局旅先で使わないなんてのは良くあること。

特に国内旅行はコンビニで殆どのものが手に入ってしまう。

何を持っていくかで非常に悩むのだ。

 

f:id:kotaro0521:20160731031549j:image

 

今回、厳選した結果がこちら。

 

Bluetoothキーボード

過去何回もラップトップPCの重量に泣かされてきた為、今回は絶対持っていかないと決めていた。

とは言えブログ更新用にキーボード入力は便利なので、iPhone 6Plus用に1台。

 

 

 

ニンテンドー3DS

暇つぶし用。LLでは重過ぎるので普通のもの。

最近ではAmazonプライムセールの1日だけ9000円台で叩き売られていたりする。

最悪の事態ではPCブラウザとしても使えるが、3DSのブラウザはあくまで緊急用。

new 3DS LLでは大分改善されている。

 

Bluetooth腕時計

カシオが出してる普通のクォーツ時計だが、スマホBluetoothでリンクすることで電波修正を行うのが特徴。ある意味スマートウォッチとも言える。

 

・自撮り棒

一人旅の大切なお友達。

長旅では充電を考えると有線式がオススメ。Bluetooth接続タイプと比べて値段も安い。

自撮り棒とは言え、自分を撮る以外にも様々な使い方が可能で、むしろそれメインで使う予定。

 

 

スマホ用広角・マクロ・魚眼レンズ

一眼レフやコンデジを持っていないので、広角や接写はオモチャで楽しむ。

とは言えiPhone 6以降のカメラ性能は侮れない。

6PlusはHD動画撮影に対応しているし、写真も1世代前のコンデジに匹敵するものが撮れる。

メリットはこの値段でそこそこ楽しめることと、何より荷物にならないこと。

 

 

・Lightningケーブル予備

純正のものより長い1.8m、そして耐久性の高いものを一本常備しておくと便利かもしれない。

しかし日本国内であれば万が一紛失しても、コンビニでMFi認証ライトニングケーブルが手に入る。

余談だが、コンビニで手に入るケーブルの殆どは多摩電子工業製品。

 

 

・急速充電対応USBポート

バイルバッテリー、iPhone等を一括で急速充電出来るUSBポート。

特に滞在先のホテル等では電源プラグを差し込める場所や数も限られている為、非常に便利。

 

 

・モバイルバッテリー

スマホの次に必携品。

18きっぷの旅のように移動時間が極端に長い場合、スマホの電源が切れるのがとにかく怖い。

ある意味、精神安定剤としての役割も果たす。

旅先でポケモンGOが出来るように、容量はとにかく多いものを購入。

 

 

・ポータブルアンプ・Bluetoothイヤホン

完全な嗜好品。

正直、この2つに関しては要らない気もしてきた。

特にBluetoothイヤホンは、長くても電池持ちは6時間程度である。移動時間を考えると有線式以外は必要無いと思われる。

 

iPhone 6 Plus

説明不要。

 

 

 

さて、そろそろ出発。